院内、施設用ルームシューズ 早快マジックが人気

院内、施設用ルームシューズ早快マジックが人気 歩行(シューズ他)

どうも、く~とです

今回ご紹介するのは徳武産業株式会社の人気のルームシューズ早快マジックです。

早快マジックレギュラー 2502 紺 3Lサイズ

ルームシューズといえば寒い季節に足元を暖かくしてくれるムートンやボア生地を使用したモコモコのかわいいものや気軽に使用できるスリッパなどを想像する方が多いかと思いますが、今回ご紹介する早快マジックはそういった一般的なルームシューズではなく、入院されている方や施設に入所されている高齢者向けのルームシューズとなっております。

院内での歩行や施設内での歩行の際につまずきや転倒防止のために考えられたルームシューズとなっているため、ケガや手術をされて通常の歩行が困難な方や又は施設内を元気に歩き回りたいという方などに適したルームシューズでもあります。

今回の記事は

  • 入院時に使用するルームシューズを探している方
  • ケガや浮腫みなどで通常のシューズでは歩行がしにくいという方
  • 院内や施設での歩行の際のつまずきや転倒の防止をしたいという方
  • 院内や施設内をストレスなく快適に歩行したいという方

そんな方にオススメの記事となっています。

今回は早快マジックの人気のレギュラー(2502)浮腫みなどにも対応しやすいオープン(2503)をそれぞれご紹介していきたいと思います。

院内、施設用ルームシューズ 早快マジックが人気

早快マジックとは?

早快マジックは香川県さぬき市に本社のある徳武産業株式会社が製造販売している院内及び施設用のルームシューズとなっております。

徳武産業株式会社は介護業界では知らない人はいないというくらい、かなりメジャーで人気の高いシューズメーカーなのですが、その人気の理由は何と言ってもご高齢の方や障害を持った方などに寄り添った靴づくりをされている企業だからだと思います。

使用する私たちの声を聞き、日々改善を重ねることで年々質の高いシューズを発売し続けているというのが現場レベルでも肌で感じることができています。

早快マジックの特徴

早快マジックには2種類あり、つま先まで覆われたレギュラー(2502)オープンタイプ(2503)があります。

生地はどちらも通気性のいいメッシュ素材となっていて長時間履き続けていても蒸れにくいのが特徴となっています。

靴底にはTPR(合成ゴム)が使用されているため水が染み込みにくく屈曲性も良くグリップ性も強いためしっかり歩行をサポートしてくれます。

※グリップ性が強いのですり足の方はご注意ください

又、スリッパとは違い足をしっかり包み込んでくれるのでつまづき防止にもなりますし、軽量(片方Lサイズ110g)なため歩いていても疲れにくいのも特徴となっています。

以前このブログでご紹介したスニーカーのニューバランスML703の重さが(片方27・0㎝)390gということを考えると1/3以下という軽さとなっています。

両足販売だけではなく片足販売もしていますのでケガや浮腫みなどで左右の足のサイズが違うという方にもありがたい販売形態となっているのが嬉しいですね。

さらに日本転倒予防学会の推奨品にもなっているため安心して履いていただけるルームシューズと言えます。

早快マジックの仕様

早快マジック レギュラー2502

早快マジック オープン2503

早快マジック(レギュラー2502、オープン2503)共通

両足 価格(税込)2420円
片足 価格(税込)1210円

カラー4色(ピンク、グレー、紺、ワイン)

サイズ S~3L
S 20.5㎝~21.5㎝
M 22.0㎝~23.0㎝
L 23.5㎝~24.5㎝
LL 25.0㎝~26.0㎝
3L 26.5㎝~27.5㎝

※ピンクはLLまで

重さ(片方Lサイズ110g)

素材
表・内素材:ポリエステル100%
底材:合成底(TPR)

生産国:(日本、中国、ベトナム、ミャンマー)
サイズタグに表示

早快マジック レギュラー(2502)を画像で紹介

ここからは画像で紹介していきます

まずはレギュラー(2502)からです。

レギュラー2502 紺 3Lサイズ

メッシュ生地ですので長時間履いていても蒸れにくいのが特徴です。

横から見ると靴底も薄く素足に近い感覚で歩行ができます。

靴底は合成底(TPR)となっているため滑りにくくなっています。

このようにマジックテープで足の甲部分を大きく開くことが出来るため脱ぎ履きがとてもしやすくなっていますのでケガをされている方やご高齢の方も簡単に履けるのがとても良いと思います。

僕自身、現場で使用される方にきちんと説明ができるように実際に履いてみたことがあるのですが、まず最初に感じたのが簡単に履けるということでした。(僕の足のサイズは27・0㎝なので3Lでピッタリでした)

靴ひもなどもなくマジックテープをさっと外すだけなので、ケガをしてる方でも苦労せずに履けるのではないかと思いました。

それと実際に履いてみて感じたのはとにかく軽さに驚きました。シューズを履いているという感覚はなく素足に近い感じがして不思議な感覚になりました。

そしてしっかりとフィットするのでスリッパのようにもちろん歩行中に脱げてしまったり、つまづきそうになったりなんてこともありませんでした。

実は僕には入院経験がありまして、手術後の体の痛みに耐えながらリハビリ(歩行)をする際に当時は普通のスリッパを履いており、一歩踏み出すたびにスリッパが脱げてしまったり、つまづきそうになったりで本当に苦労したのを憶えています。

もっと快適に歩ける履物はないものかと毎日感じていました。もしその頃この早快マジックを知っていたら間違いなく購入していただろうなと感じるほど快適なシューズだと思います。

続いてオープン(2503)です。

オープン 2503 ピンク Lサイズ

オープンタイプなのでつま先部分が開いています。

靴底はレギュラーと同じ合成底(TPR)です。

オープンの最大の特徴は画像のように甲部分が全開できることです。

これだけ開くことができますのでとにかく脱ぎ履きが抜群にしやすいのです。浮腫みがある方にはとても履きやすく調整もしやすいのでオープンがオススメです。

写真左がマジックテープをしっかりと留めたもので、右が緩めに留めたものになります。

足に浮腫みのある方は画像右のように少し緩めに留めて調整することも可能です。ただし浮腫みの具合にもよりますので通常のサイズで購入すると履けないなんてことも起こりえますので、それぞれの足の状況をみて適切なサイズの購入をしていただくようにご注意ください。

まとめ

今回は徳武産業株式会社の早快マジックを紹介してきましたが、早快マジックはケガや手術などで入院されている方の院内での歩行や施設内でのご高齢の方の歩行を安全で快適にしてくれるルームシューズとして人気となっています。

歩行が困難な方にとって院内や施設内を少しでも安心して歩くことができればそれだけでかなりのストレス軽減になりますし、何よりつまづきや転倒のリスクを減らせることがご本人にとってもご家族にとっても安心できることは間違いありません。

健康のためやリハビリのためにも歩くことが必要なシーンはたくさんあると思いますので、そんなときに安心して履けるルームシューズとして早快マジックを試してみてはいかがでしょうか。

これからも元気に日々を歩いていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました