犬用シャンプー おすすめプロフェム レビュー

犬用シャンプープロフェム 犬グッズ

どうも、く~とです

今回は犬用シャンプーのプロフェムについて
ご紹介していきたいと思います。

プロフェムシリーズ

愛犬のお手入れに欠かせないシャンプーですが、シャンプーを選ぶ際に最初に気になるのが、

愛犬の体に害のない

ものなのかどうか?

という方は多いのではないでしょうか。大事な愛犬だからこそ愛犬の体に合ったシャンプーを選んであげたいですよね。

安心して使用できることが大切で、その上で汚れの落ち具合や、香りの良さ、シャンプーのしやすさや泡立ちの良さ、シャンプー後の毛並みやツヤ、普段の愛犬の毛並みにどの程度効果が持続するのか、など気なることはたくさんあると思います。

今回ご紹介するプロフェムは我が家で長年愛用し続けているシャンプーで種類も豊富なシャンプーですのでこれからワンコを飼おうという方や他に良いシャンプーがないかとお探しの方のご参考になればと思います。

犬用シャンプー おすすめプロフェム

その前に犬用シャンプー、リンスの役割と必要性、選び方について簡単にご説明しておきましょう。

犬用シャンプー、リンスの役割と必要性

  • シャンプー
    汚れやノミやダニ余分な皮脂を落とし皮膚病のリスクを下げる役目があるもの
  • リンス
    シャンプーで汚れや皮脂を洗い流したあとに保護される膜が無くなった被毛の表面をコーティングするためのもの
  • コンディショナー
    リンスと効果は同じですが保湿効果と毛の表面を整える力をより高めたもので洗い流すもの、洗い流さないもの、スプレータイプのものなどがあります
  • トリートメント
    毛の表面の状態を整え、毛の栄養や油分を補い、ダメージケアをするもの
  • リンスやトリートメントの必要性は?
    シャンプーをしたあとのワンコの薄い皮膚やキューティクルがふやけた被毛をドライヤーの熱やブラッシングの摩擦から守る役割があるので必要性は高いです
  • ワンコの皮膚は薄く毛は細い
    ワンコの皮膚は人間の皮膚の3分の1ら5分の1の厚さしかなく、毛は人間の2分の1くらいの太さでとてもデリケートなので皮膚と被毛のケアは大切です

犬用シャンプーの選び方

毛質から選ぶ

  • 全犬種用
  • 短毛用
  • 長毛用
  • 剛毛用

犬種や毛質が様々なので愛犬の毛質に合ったものを選びましょう

皮膚の状態から選ぶ

  • 乾燥肌用
  • 皮脂肌用

ワンコは乾燥肌か皮脂肌のどちらかがほとんどで、皮膚の状態によってかかる疾患も変わるので肌質に合わせたシャンプーを選びましょう

刺激が少ない種類から選ぶ

  • 弱酸性
    肌への刺激が少なく肌荒れのリスクも少なく安心して使用できます
  • 無香料、無着色
    無添加のものでワンコの肌に優しく無香料なのでワンコのストレスにもなり
    にくい

肌の弱いワンコには刺激の少ないものがおすすめです

プロフェムとは?

  • 大阪府茨木市にある
    有限会社ワンクスクリエイションが販売するヘアケアシリーズのブランド
    犬はもちろん猫にも使用可能なシャンプー&リンスのブランドです。
    プロフェムの他にもペット用品の卸売業としてトリミングシザー(ケリー)
    の販売も行っている会社です。
  • 犬猫の皮膚のバリア機能を高める弱酸性
  • 目に入っても痛みを感じにくい刺激低減成分を配合
  • ノンオイル処方で泡切れが早く乾きも早いのでシャンプーの時間短縮になり
    犬猫のストレスを軽減
  • 人の手にも優しいシャンプーで安心
  • きめの細かい泡立ちで毛穴の中までしっかり洗浄できて皮膚トラブルから守
    ってくれる
  • SDS(安全データシート)取得
    JIS規格によって安全性が確認されている成分のみで構成されている
  • 犬猫にとっても人にとっても優しいシャンプー

プロフェムシャンプー&リンス種類

クリアウォッシュシャンプー
200㎖ 3025円(税込)
下洗い専用のクレンジングシャンプーです
ひどい皮脂汚れや臭いがきつい場合におすすめ

アルトリームシャンプー
200㎖ 3025円(税込)
ふんわりとしたボリュームをつくるスタイリングシャンプー
【適合犬種】プードル、ポメラニアン、コーギー、柴犬などの開立毛犬種など
【適合猫種】ペルシャ、ロシアンブルーなど

アルトリームリンス
200㎖ 3025円(税込)

アルトリームトリートメント
50㎖ 1980円(税込)

エスチュアシャンプー
200㎖ 3025円(税込)
ふんわりとさせながらも被毛にツヤとしなやかさを与えるスタイリングシャンプー
【適合犬種】くせ毛のないロングダックス、
ロングチワワ、キャバリアなど
【適合猫種】ソマリ、アメリカンカールなど

エスチュアリンス
200㎖ 3025円(税込)

エスチュアトリートメント
50㎖ 1980円(税込)

スーパーモイストシャンプー
200㎖ 3025円(税込)
保湿成分をたっぷり配合し皮膚と被毛に潤いとツヤを与えるスタイリング
シャンプー
【適合犬種】パグ、ビーグルなどの短毛種、
フルコートのパピヨン、マルチーズ、ヨーキーなど
【適合猫種】アビシニアン、シャムなど

スーパーモイストリンス
200㎖ 3025円(税込)

スーパーモイストトリートメント
50㎖ 1980円(税込)

ブリスルシャンプー
200㎖ 3025円(税込)
硬くてハリ、コシのあるスタイルをつくるスタイリングシャンプー
【適合犬種】レッドやアプリコットのプードルなどコートにコシがなくボリュー
ムを出したい犬種。
毛量の少ないマルチーズやヨーキーなどのサマーカットした犬種。
【適合猫種】アメリカンショートヘア、メインクーン、
ノルウェージャンフォレストキャットなど

ブリスルリンス
200㎖ 3025円(税込)

スキンケアシャンプー
200㎖ 3850円(税込)
敏感肌の全犬種、全猫種用。
無香料、無着色で超敏感肌用に開発された超低刺激シャンプーで皮膚トラブルが起こりにくく健康で美しい皮膚を保たせます。

スキンケアリンス
200㎖ 3850円(税込)

ベーシックシャンプー
50㎖ 880円(税込)
全犬種、全猫種対応の低価格シャンプー。

ベーシックリンス
50㎖ 880円(税込)

クレンジングオイル
300㎖ 7700円(税込)
驚きのクレンジング力がありながら皮膚や被毛を全く傷めることもなく優しく汚れを取り除くことができます。
プロフェムのクレンジングオイルは通常のクレンジングオイルとは違いクレンジング機能(洗浄能力)も持ち合わせているので皮脂汚れに馴染ませた後に水で流すだけで角栓やガサガサ脂も綺麗になります。

エアリーミスト
150㎖ 3080円(税込)
ボリュームあるスタイリングを望む
全犬猫種。
シャンプー、リンス後にタオルドライをしてブローで仕上げするとボリューム感のあるスタイルが出せます。

フリーミスト
150㎖ 2750円(税込)
もつれや汚れ、紫外線、ドライヤーの熱から被毛を守るブラッシングスプレー、シャンプー、リンス後にタオルドライをしてブローで仕上げするとツヤのあるコートに。

クイックウォッシュ
200㎖ 3300円(税込)
保湿成分たっぷりの泡でさっと拭き取るだけで素早く綺麗に、シャワーをかけずにシャンプーができるためシャンプー嫌いのパピ―や又、シニアには体に負担をかけずに綺麗にすることができます。

※シャンプーは汚れの度合いによって
原液~5倍希釈でご使用下さい。
※リンス、トリートメントは汚れの度合いによって原液~10倍希釈でご使用下さい。
他、取り扱い説明書を必ず読んでからご使用して下さい。

プロフェム レビュー

我が家では娘(パピヨン女の子)を飼って間もない頃からプロフェムを使用しているのですがすでに約8年間プロフェムを使用し続けています。

我が家で使用しているのは

クリアウォッシュシャンプー(200㎖)

スーパーモイストシャンプー(200㎖)

スーパーモイストリンス(200㎖)

フリーミスト(150㎖)

以上の4点なのですが、これまでの使用してきた感想としては品質、使いやすさ、使用後の効果、どれをとっても不満はなく満足感の高い商品という印象です。

我が家での使用方法はクリアウォッシュシャンプー、スーパーモイストシャンプーともに5倍希釈にして使用しています。

プッシュボトルに入れて5倍希釈で使用してます
2番目に使用するので間違えないように②と書いてます

※5倍希釈とは
原液に希釈液を加えた量が5倍になれば5倍希釈ですので、我が家の場合はシャ
ンプー原液100cc+水道水400ccで合計500ccで5倍希釈のシャンプーが完成です。

スーパーモイストリンスは10倍希釈にして使用しています。

スーパーモイストリンスはアプリケーターに入れて10倍希釈です

我が家では3週間に1度のペースでシャンプーをしているのですが3週間もすればやはり汚れが少し目立ったリ、毛並みが悪くなったり、夏場であれば臭いが少し気になったりします。

シャンプーをしてから約3週間後です。画像では毛並みの悪さが伝わりにくいかもしれません
こちらの画像の方が毛並みの悪さがわかりやすいと思います

シャンプー前にしっかりブラッシングをしてから

お風呂場へレッツゴー!です

お風呂が苦手な娘は雰囲気を察知して浮かない表情です

まずは体全体を濡らしてからクリアウォッシュシャンプーで下洗いをします。汚れが付いているのと最初の下洗いなので5倍希釈ですと泡立ちはあまりありませんがそれでも3週間分の汚れは一通り落とせます。

下洗いが終わったら次はスーパーモイストシャンプーで丁寧に洗っていきます。
一度下洗いをしているので泡立ちは5倍希釈でもとてもいいです。泡立ちがいいので隅々まで優しく洗うことが楽にできます。

顔や特に目の涙やけ部分を洗う時にどうしてもシャンプーが目に入ってしまうことがあるのですが、プロフェムの成分がいいのか娘はおとなしくされるがままにしております。(良い仔です)もちろん痛がる様子はありません。

2回目のシャンプーが終わるとスーパーモイストリンスで全身にまんべんなく塗布していきます。

そのあとはしっかりとすすいでいきます。シャンプーが終わるとタオルドライをして次にフリーミストの出番です。

ドライヤー前にリーミストをシュッシュッします。笑顔です。

このフリーミストをドライヤー前にすることでドライヤーの熱から被毛を守ってくれるのとサラッとしたツヤのあるコートに仕上がります。フリーミストをスプー後ドライヤーで乾かしていきます。

ブローもちょっと苦手な娘です。イヤ~。
途中、疲れて眠ってしまいました。もう少しだからね~。
ドライヤーも終わりご褒美待ちの娘です。おやつ!おやつ!

ドライヤー後の仕上がり具合は画像ではなかなか伝わりにくいかもしれませんが明らかに白さが際立っているのです。

シャンプー前は白いワンコですがシャンプー後は真っ白!なワンコっていう感じになります。毛並みももちろん良くなりますし、ツヤが全然違うのを毎回感じることができています。

触ってみてもサラッサラッでついつい撫でたくなってしまうほどサラふわな感触です。香りもきつすぎずほんのり良い香りがする程度なので娘にとっても不快感は少ないのではと感じています。

いつもシャンプーがすべて終わるころには娘はクタクタに疲れてオネムの状態になります。

お疲れ様でした。ゆっくりネンネしてね。

メリットとデメリット

メリット

  • 体に優しい弱酸性なので安心して使用できる
  • 刺激低減成分配合で目に入っても痛くなりにくい
  • 細かな泡立ちなので隅々まで洗いやすい
  • 犬が不快になりにくい程よい香りがGOOD!
  • 種類が豊富なので犬種に合ったものを見つけやすい
  • 汚れ具合によって濃度を調整して使用できる

デメリット

  • 種類が豊富なため選ぶ際に迷いやすい
  • 希釈して使用することが多いのでプッシュポンプなどの詰め替えボトルが必要
  • 希釈して使用することが多いので手間がかかる

まとめ

プロフェムの良さは犬にも人にも優しい成分で作られているところにあります。又種類も豊富で全犬種、全猫種対応のものから犬種、猫種に合わせたシャンプーを取り揃えているところも嬉しいところで必ず愛犬や愛猫に合ったシャンプーを見つけることができると思います。

そして、我が家で8年以上もプロフェムを使用し続けているのは、これまで一度も肌や被毛のトラブルがなかったということが間違いなくあげられます。

とにかく娘の体に異常がなく使用できていることが何より大事なことなのでプロフェムに対する我が家の信頼度はとても高いです。きっと娘との相性も良かったのだと思います。

実際に飼われている愛犬、愛猫に適したシャンプーを選ぶのが何より大切だと思いますし、実際に使用してみないと相性の良さはわからない部分でもありますが、この記事をご覧いただいている方にとって少しでも参考になれば嬉しく思います。

愛犬、愛猫を

ムギューっとしたくなる

シャンプー、それがプロフェムです

プロフェム スーパーモイストシャンプー 200ml
スタイルをしっとりサラサラに仕上がる保湿たっぷりのシャンプー200ml入り

コメント

タイトルとURLをコピーしました